栃木の観光、人、物、事なら栃木のしゅし

2017-8-18

渡辺敬晴(なかがわ水遊園・飼育統括)|tochigi gene vol 4



夢中になり、夢中になれる環境へ

        

魚や飼育方法はどの様に学んで行ったのですか?

 

基本的に独学です!今考えると、私は「人から教えられるのが好きではなく、自分で調べて学んでいくのが好き」だった様です。幸い、親も学校の勉強をしろとは言わなかったので、一人でどんどん調べていけました。

 

家族で唯一目が悪いのも、魚の本を読みすぎた事が原因です。学校にも魚の本を持っていきましたし、学校から帰ってきても、ずっと本を読んでいました。おかげで本もボロボロに。兄貴からはオタクって言われてました(笑)。

なかがわ水遊園  コイ 淡水魚 栃木県

 

小学校や中学校では、私ほど魚が好きな子はいなかったので、当然、魚に関して話のあう友達はいませんでした。かといって、クラスの中で「皆とちょっと違う私」がイジメられる事はなかったんです。

 

皆が私を理解して尊重してくれていたのかもしれません。チョットした事で入院した際、友達が魚の本を差し入れてくれたのは今でも覚えています。

 

私生活では、「おこずかい」にしても「お年玉」にしても、全て魚に使う。中学校2年生の時には家の水槽が10個になっていました。

 

※熱帯魚を飼う水槽は温めなければならなりません。その電気代はひと冬で水槽1個につき約1万円です。10個あったので約10万円かかっていたんですね(汗)。親に感謝です。

 

今だからわかりますが、中学生の時の私の魚の知識レベルは、今の専門学校生と同じ位ありましたね。それくらい、本で調べて、実際に飼育して、探究していました。

 

→独学でどんどん探求していかれたんですね。本当に「好き」でのめり込んでいたのが伝わります。また周りの方達の理解も間接的な支えになっていたのかもしれませんね。

渡辺敬晴 前のめり なかがわ水遊園 飼育責任者 tochigi gene

 

その後はどう歩まれたのですか?

 

栃木県那須郡にある馬頭高校水産科は、日本で唯一淡水魚を専門的に学べる高校。中学の時に「ここしかない!」と決めていました。

 

皆さんイメージした事ないと思いますが、熱帯魚の中にも、たくさんの淡水魚がいます。アマゾンやメコン川の熱帯魚達の生息環境は淡水。熱帯魚イコール海ではないんです。

 

高校に入って嬉しかったのは、魚に関して自分と同じような知識レベルの人達と出会えた事。まぁー楽しかったですね(笑)。会話が成立するのがすごく嬉しかった。

 

学校のカリキュラムでは日本の淡水魚を基本に学んでいきましたが、課題を定義して研究する際は、やはり熱帯魚にしました。

 

日本は水族館大国

 

高校を卒業後、秋田の水族館に就職。そこで初めて海水魚の飼育を経験しました。魚に関われていた点は幸せでしたが、どこかで淡水魚への想いがありました。

 

「ここがゴールではない」と思っていた3年目の時に、「栃木県にはじめての水族館が出来る」それが「淡水魚がメインである」という話を聞きました。そこで、地元に帰りたいという想いも合いまって応募し、転職しました。それが「なかがわ水遊園」です。

なかがわ水遊園 施設 大田原市 観光 栃木県

日本は世界で一番水族館がある国なんです。世界に水族館が約300館あるのですが、なんと日本には約100館。あります。世界の30%です。その中でも、淡水魚中心の水族館は10くらい。

 

日本では水族館で働きたい人は多く、なかなか就職できません。ご縁もありましたが、夢中になったその先で、今の環境で働けている事には感謝しています。

 

→夢中になって歩んでいく中で、さらに夢中になれる環境へ身を置き、同じような興味関心を持つ仲間に出会っていく姿は勇ましさすら感じますね。

 

4 自然ってすごいんだ。 へ つづく




SNSで記事をシェア!

石川智章

この記事を書いた人

石川 智章

「栃木のしゅし」総合統括
県南エリア出身

ライフデザイン、WEBマーケティングの分野で実績を出し、都内ベンチャー企業の経営を歴任。親の闘病を機に栃木と東京の2拠点生活を開始。

思考進行!ワクワク・イキイキ暮らしたい。Goodを軸に、栃木(ローカル)の価値と魅力を再発掘していきます!

ハッシュタグをつけて
栃木県のイイとこ投稿しよう!
#とちぎのしゅし

Instagramの投稿に
ハッシュタグ「#とちぎのしゅし」を
つけるとあなたの写真が
こちらに掲載されます!

  • 栃木ジーン
  • 栃木のしょく
  • MOVIE
  • 観光スポット