栃木の観光、人、物、事なら栃木のしゅし

2019-9-5

45組の作家さんが集結!日光てしごと市|日光市



7月20日・21日に日光市の田母沢御用邸周辺にて「第2回日光てしごと市」が開催されました。

第2回日光てしごと市トップ 日光田母沢御用邸記念公園入り口

昨年の第1回に続き、今回は出展者数、エリアとも大幅にパワーアップしての開催です。

開催初日の20日にお邪魔してきましたので、現地の様子をレポートします!!

自然に囲まれ、歴史的にも貴重なエリアで開催

日光田母沢御用邸 第2回日光てしごと市

会場となったのは、「日光田母沢御用邸記念公園」とその周辺。日光田母沢御用邸は大正天皇のご静養地として整備され、現在は栃木県が管理運営し、一般公開されています。

日光田母沢御用邸 第2回日光てしごと市

総勢45組の作家さんが集結!

今回栃木県内から出展されていたのは、伝統工芸である地元日光の「日光彫」や大田原市の「黒羽藍染」、鹿沼市の「鹿沼箒」が出展。その他にも「鹿皮雑貨」や「ガラス工芸」など、様々な店がありました。

第2回日光てしごと市 日光田母沢御用邸 展示販売の様子

県外では、北は宮城県、南は兵庫県までの全国各地の「てしごと」をされている方々が出展。総勢45組の作家さんが日光へ集結!木工や金工、陶磁器や革などなど様々な作品が来場者を楽しませていました。

第2回日光てしごと市 日光田母沢御用邸 展示販売の様子

ワークショップやフードブースも!

会場は田母沢御用邸のほか、田母沢街区公園や「御用邸通り」という目抜き通りでも開催。

第2回日光てしごと市 日光田母沢御用邸 ワークショップの様子

特に御用邸通りでは「焼き板クラフト体験」や「マッサージ棒つくり」といったワークショップを体験できたり、飲食ブースも4軒出展していたので食も楽しめました!

第2回日光てしごと市 田母沢街区公園 御用邸通り 飲食ブース

日光てしごと市、開催の目的

独自の技術でつくられる工芸品。しかし、高齢化による職人の減少や販売力低下など、産地の現場は厳しい課題を抱えています。

第2回日光てしごと市 田母沢街区公園 御用邸通り 出展ブース

そこで、この「日光てしごと市」は、地域の歴史と密接に関わり、作品を発表する機会を設け職人の創作意欲を高めたり、幅広い年代・ジャンルの工芸が交わることで、産地に良い刺激をもたらすことなどを目的に開催しています。

第2回日光てしごと市 来場者で賑わう 展示の様子

まとめ

今回は雨が降ったり、ずっと曇り空だったりと天候に恵まれず、出展者や来場者のみなさんも苦労していたように感じました。次回は良い天気で開催できるといいですね!


第3回の「日光てしごと市」はどのようなイベントになるでしょうか?今から楽しみです!

情報

【日時】2019年7月20日(土) 、 21日(日) 10:00〜16:00 

【住所】住所: 栃木県日光市本町3丁目

【開催場所】田母沢御用邸 研修施設、田母沢街区公園、御用邸通り

【主催】 日光のてしごとをつなぐ会

【URL】http://nikkocraftsmarket.mystrikingly.com




SNSで記事をシェア!

akiii

この記事を書いた人

akiii

リサーチ・ライティング担当
日光エリア出身

日光生まれ日光育ち。日光を愛し、日光に愛された男。地域に関わる仕事に携わりながら、休日はカメラを手にして、日光と栃木の魅力発見のために巡っている。

「栃木と日光の魅力をガンガン発信していきます!」

  • 栃木ジーン
  • 栃木のしょく
  • MOVIE
  • 観光スポット