栃木の観光、人、物、事なら栃木のしゅし

2020-9-25

その八|畑に水をあげてきたよ。



こんにちは、とちぎのしゅし編集部です。

 

前回は、野菜の苗を植え付けるところまで進み、ようやく「畑作業」らしくなってきた、今日この頃。

 

今回は「水やり」についてのレポートです!

 

野菜の成長には水は不可欠

 

みなさん、植物は光合成をしてスクスクと成長することはご存知ですよね。光合成に必要なのが「光」「水」「二酸化炭素」です。
小学生の時に習った気がします。

 

毎日畑に雨が降るわけではありませんから、野菜の苗に水をあげなければいけません。

 

 

水やりのポイントとして、暑い夏場は日中に水をやり過ぎてはダメ。土の中が高温多湿状態になり、根が腐ってしまうこともあります。


夏の水やりは朝の早い時間か、夕方少し涼しくなってからがいいみたいです!

 

水のカクホーーーツ!

 

ではさっそく、ジョーロで野菜の苗に水をあげましょう♪

って、ちょっと待って!(汗)

 

普段、水道の蛇口をひねれば水が出てくるけれど…ここは畑のど真ん中。
そう、こんな場所。

 

 

蛇口無いんですけどーーーッ!水どうすんの?(汗)


そこで、畑初心者の私たちは、また考えます。

「水道管をつなぐ?」←工事に何ヶ月かかるんだ?!水道代もかかるよ。

「じゃあ、自分たちが家から水を持ってくればいいんじゃない?」←採用◎

 

 

ペットボトルやポリタンクに水を入れて、畑に持ち込む作戦に踏み切った私たちでしたが、なんだか水の量が足りない感じ、しかも水ってけっこう重たいから運ぶの大変。

 

やはりここは、農業のパイセン達がどうされているのかを拝見するしかなさそう。

 

近くの畑をチラッ。「おおーーーッ!そうか!」(涙)

 

農業のパイセンたちは、雨水をこの貯水タンクのような容器やドラム缶に貯めて、野菜に水やりをしていらっしゃるのですよ!!!これなら水道代もかからず、水道管工事も不要、ステキ!

 

そんなわけで、私たちも大きな容器やら不要になった缶などを持ち寄り、畑の脇にセット。

 

 

これで雨さえ降ってくれれば問題解決です!さあ、フレ〜フレ〜雨よ降れ〜。


水やりした後の野菜たちは、なんだか嬉しそうに見えるのは私だけでしょうか?
元気に成長してくれますように。

 

 

では、また次回も畑の様子をレポートいたします、どうぞご期待くだ菜。




SNSで記事をシェア!

とちぎのしゅし 編集部

この記事を書いた人

とちぎのしゅし 編集部

栃木(ローカル)のグッとくるGoodな情報をグググっとお届けします。
「好き」と「良き」に囲まれたライフをデザインしたいWEBメディア

ハッシュタグをつけて
栃木県のイイとこ投稿しよう!
#とちぎのしゅし

Instagramの投稿に
ハッシュタグ「#とちぎのしゅし」を
つけるとあなたの写真が
こちらに掲載されます!

  • 栃木ジーン
  • 栃木のしょく
  • MOVIE
  • 観光スポット